二世帯住宅のおしゃれな間取り&外観8選!暮らしやすさも+

間取り

二世帯住宅に住むことを考えている方や検討している方で、おしゃれな間取りや外観に憧れている方も多いのではないでしょうか?

 

 

ただお洒落さを追求し過ぎるとデメリットもあるので、計画を立てて家づくりを進めていくことが大切です。

 

 

今回はおしゃれな二世帯住宅について、

・メリット
・間取りや外観
・デメリット&注意点
・口コミ
など、気になる情報を詳しくお伝えします!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

おしゃれな二世帯住宅のメリット

 

おしゃれな二世帯住宅のメリットは、自分たちだけのオリジナリティあふれるデザインの家を実現できる点です。

 

 

自分の好きなデザインで、おしゃれな間取りや外観・素材から仕上げまで、とことんこだわった家をつくることができます。

 

 

最近では、デザインにこったものだけでなく、

・暮らしやすさ
・心地よさ

も含めた、住空間全てをトータルにデザインするという発想で、設計される二世帯住宅も多く見られるようになっています。

おしゃれな二世帯住宅の間取り&外観

青と白を基調にした家

出典:VIP WORKS

 

青と白を基調とした外観が特徴の家。

 

 

広い駐車場が確保されたモダンな家で、玄関が別々の二世帯住宅です。

 

出典:VIP WORKS

 

北側と東側から自然光をたっぷり取り入れることができる、吹き抜けの広いリビング・ダイニングルームが間取りのポイント。

 

 

出典:VIP WORKS

 

開放感あふれるリビングルームは、吹き抜けが二階部分までたっぷりと取られています。

 

 

ブリック壁を使用することで、より広く明るい空間が実現しています。

3つの建物を組み合わせた家

出典:FREEDOM ARCHITECTS

 

高さの違う3つの建物を組み合わせた、特徴的な外観の家

 

 

出典:FREEDOM ARCHITECTS

 

玄関を開けると、正面に中庭が広がる開放的な空間も魅力的!

 

 

中庭に面して開口を設け、棟ごとに階数を変えたことで、両棟に光が降り注ぐ明るい空間が実現しました。

 

 

自然と調和しながら無駄のないスッキリとした空間で、心行くまでゆったりと暮らすことができます。

クラシカルな佇まいの家

出典:Earnest Group

 

クラシカルな佇まいの外観の家。

 

 

シンプルさの中に、さりげなくデザインされた装飾も魅力。

 

 

出典:FREEDOM ARCHITECTS

 

子世帯のリビングダイニングは、モダンテイストですっきりとまとまっています。

 

 

開口部はパティオとつながっているので、光が降り注ぐ開放感あふれる間取りです。

 

 

出典:FREEDOM ARCHITECTS

 

パティオは広々としていて、奥には掘りごたつを設けた和室もあります。

夜の灯りが印象的な家

 

出典:エステージ株式会社

 

昼夜で外観の印象が変わるおしゃれな家。

 

 

夜はやわらかい灯りが家全体を照らし、とてもリラックスできそうな雰囲気です。

 

 

また、親世帯のために身体に負担をかけずに動ける、動線を重視した設計もポイント。

中庭が両世帯をほどよくつなげる家

 

出典:FREEDOM ARCHITECTS

 

真ん中にある中庭が、両世帯をほどよくつなげる和風の家。

 

 

バルコニーでつながっているので、一体の庭として楽しむことができます。

 

 

周囲に対しては閉じつつも緑豊かで開放的な空間が、住む人にやすらぎやゆとりを与えてくれます。

スタイリッシュな切妻屋根が印象的な家

 

出典:SUVACO

 

二つの切妻屋根が印象的な家。

 

 

細長い敷地の両端に、若夫婦の家と親世帯の家を中庭を挟んで配置しました。

 

 

中庭には小さなゲストハウスがあり、どちらの世帯でも使いやすくなっています。

夜の灯りがロマンチックな家

 

出典:SUVACO

 

親世帯、子世帯それぞれに玄関があり開放的に造られた家。

 

 

大開口からの光を感じながら、広々とした空間で満喫できます。

 

 

夜も灯りが各部屋にちりばめられていて、とてもロマンチックな家です。

渡り廊下でつながる!モノトーンな雰囲気の家

 

出典:FREEDOM

 

中庭を挟んだ二世帯住宅で、世帯間の行き来には渡り廊下を利用する家。

 

 

各世帯の住居間には路地風の通路があり、お隣感覚の趣きがあります。

 

 

渡り廊下の壁は全面にガラスが採用されており、家族の行き来が見えるだけでなく、子どもたちの遊び場にもなります。

 

 

奥行きと幅のある共有のバルコニーも魅力的で、休日には家族で外の視線を気にせず、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

 

 

合わせて読みたい
【完全無料】二世帯の間取りがサクサク完成!プロが作る間取り図作成サービス!
二世帯住宅を検討している方で、 具体的にどんな間取りになるかイメージできない! どうやって間取りプランを形にするの? などとお悩みの方は多いはずです。 実際、二世帯住宅には様々な家のタイプがあるので、タイプごとに...

おしゃれな二世帯住宅のデメリット&注意点

 

おしゃれな外観やデザインの美しさなど「見た目」だけを重視しすぎると、暮らしやすさが損なわれしまうこともあります。

 

 

おしゃれな二世帯住宅を作る際は、

・生活動線や家事動線
・収納
・掃除やメンテナンスのしやすさ

など、間取りの計画を事前にしっかりと考えることが大切です。

 

 

おしゃれな二世帯住宅の口コミ&評判!

悪い口コミ

デザインの相談をしていく中で、デザイナーと意見が合わずに対立してしまいました。デザイナーの個性が強かったり、スタンスを理解していないと家づくりは難しいと思いました。
おしゃれな家を重視しすぎたせいで、実用性があまりない二世帯住宅になってしまいました。デザインと実用性のバランスを考えて、しっかりと話し合うことが大切だと思いました。

良い口コミ

一から自分の思い通りの二世帯住宅を作ることができました。他に二つとないオリジナルの家なので、愛着もわきます。
デザインと実用性もバランスよく両立した、おしゃれな二世帯住宅を建てることができました!デザイン性に走りすぎることなく、メンテナンスが大変なウッドデッキにも、汚れにくい素材を使用する工夫がされていました。
どのようなデザインの間取りにすればよいか色々と悩んでいましたが、担当者の方が予算内でできることを色々と提案して下さいました。当初は考えていなかった地下室も作ることができて大満足です!

まとめると

 

デザインを重視しすぎて

実用性のない二世帯住宅になってしまった!

という口コミがありました。

 

 

ただ、しっかりと住宅会社の方と相談して、デザインと実用性のバランスが良い家づくりを進めていけば、失敗なく二世帯住宅を建てることができます。

 

 

デザインを優先し過ぎると、実生活に支障をきたすことがあることにも注意しましょう。

まとめ

 

おしゃれな二世帯住宅の最も良い点は、自分だけの個性的な家をつくれることです。

 

 

暮らしやすさとのバランスも考えて、しっかりと担当者の方と話し合って家づくりを進めていくことが大切です。

 

 

今回紹介した、

・生活動線
・収納
・メンテナンスのしやすさ

なども意識しながら後悔のない二世帯住宅を作って下さいね!

 

 

注目のイチオシ記事
【完全無料】二世帯の間取りがサクサク完成!プロが作る間取り図作成サービス!
二世帯住宅を検討している方で、 具体的にどんな間取りになるかイメージできない! どうやって間取りプランを形にするの? などとお悩みの方は多いはずです。 実際、二世帯住宅には様々な家のタイプがあるので、タイプごとに...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
間取り

↓ポチっと応援クリックお願いします(^^)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ

フォローする
二世帯住宅のトビラ
タイトルとURLをコピーしました