【二世帯住宅】50坪の間取り図集めたよ!完全分離型の理想の広さは?

間取り

二世帯住宅に住むことを考えている方や、検討している方で

どれくらいの坪数が理想?

と気になる方も多いと思います。

 

 

二世帯が住むので、完全分離にするかしないかでも理想の広さは変わってきます。

 

 

長く住み続けるからこそ、住む前にしっかりと

・広さ
・間取り

について考えることは大切です!

 

 

今回は、50坪の二世帯住宅をテーマに

・理想の坪数や平均坪数
・おすすめの間取り図
・間取りのポイント
・価格費用
・50坪以外の間取り

など、気になる情報を詳しく紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【二世帯住宅】完全分離型は50坪の間取りが理想?

 

二世帯住宅の平均坪数は、約45坪です。

 

 

ただ、実際に世帯間でのプライバシーなどを考慮すると、45坪ではあまり快適でないのが現実です。

 

 

二世帯住宅といっても、

・暮らす家族の人数
・住宅のタイプ
・建てる場所
・費用

などによって理想の広さは変わってくるので、決して平均坪数で収まるとは言い切れません。

理想の坪数

 

二世帯住宅の理想の坪数は、完全同居型だと32~36坪が理想の坪数です。

 

 

また一部共用型だと、40~47坪が理想です。

 

 

完全分離型だと、最も広さが必要になるので50~60坪が理想になります。

 

 

まとめると

 

以上を踏まえて簡単にまとめると、

平均坪数理想の坪数
約45坪完全同居型:32~36坪

一部共用型:40~47坪

完全分離型:50~60坪

 

平均坪数は約45坪ですが、完全分離型の二世帯住宅を建てる場合は、50~60坪が望ましいです。

二世帯住宅の50坪の間取り図

「どっちもルーム」が魅力の完全分離型の間取り

 

出典:AsahiKASEI

 

「どっちもルーム」という誰でも使える部屋を1部屋設けた、上下完全分離型の間取り。

 

 

外につながる設備として、

・1階にはウッドデッキ
・2階には広めのバルコニー

を設置しているのが特徴!

 

 

親世帯用の1階部分には「畳リビング」を設置し、ウッドデッキと合わせた快適な空間が魅力です♪

両世帯が快適に暮らせる間取り

出典:MISAWA

 

完全分離型のゆったりとした間取り。

 

 

家の両サイドに、それぞれの玄関を置いているのが特徴です。

 

 

1、2階に

・ダイニング
・キッチン

があるので、両世帯が快適に生活することができます♪

両世帯が気兼ねなく生活できる間取り

 

出典:DAISHU

 

両世帯が気兼ねなく暮らせる、完全分離型の間取り。

 

 

親世帯・子世帯の住居を、左右隣り合わせに配置しているので、お互いが快適に生活できます。

 

 

また、玄関を1つにすることで、屋外に出ることなくお互いの部屋を行き来できるのもポイント。

親世帯の体に配慮した間取り

 

出典:今井建設

 

ほどよい距離感でふれあえる間取り。

 

 

玄関ポーチにはスロープを設置し、廊下やトイレを少し広くすることで、車椅子でも無理なく通ることができます。

 

 

親世帯の体にも配慮しています。

家族でゆったり交流できる間取り

出典:LibertyHome

 

奥行きのある中庭付きの間取り。

 

 

広いリビングとキッチンが魅力で、対面式キッチンなので家族で会話を楽しみながら料理ができます♪

 

 

出典:LibertyHome

 

中庭にはチェアとテーブルがあるので、ちょっとした気分転換にもなりますよ♪

両世帯が気軽にふれ合える間取り

 

 

出典:ヘーベルハウス

 

両世帯での交流がしやすい間取り。

 

 

3階建てですがエレベーターがあるので、上下階の移動も楽です♪

 

 

親世帯が住む1階は、先々までも安心して暮らせるように、バリアフリー設計なのも特徴です。

 

 

合わせて読みたい
【完全無料】二世帯の間取りがサクサク完成!プロが作る間取り図作成サービス!
二世帯住宅を検討している方で、 具体的にどんな間取りになるかイメージできない! どうやって間取りプランを形にするの? などとお悩みの方は多いはずです。 実際、二世帯住宅には様々な家のタイプがあるので、タイプごとに...

【二世帯住宅】50坪の間取りのポイント

 

これから、50坪の二世帯住宅に住む際の間取りのポイントを紹介します!

 

 

まだ、どれくらいの広さにするか決めていない!

という方も、二世帯住宅に住む上で考えておきたいポイントなので、ぜひ参考にして下さいね♪

共有部分を考える

 

一部共用型の二世帯住宅を考えている方は、実際に住む前に家族や世帯間で、共有部分をどこにするか考えることが大切です。

 

 

・キッチン
・リビング

を共有すれば、にぎやかな食事をすることが可能になり、必要最低限のコミュニケーションを取るのにも役立ちます♪

 

 

どの部分を共有するかで暮らし方も大きく変わるので、しっかりと家族で相談することをおすすめします。

プライバシーを確保できる部屋を考える

 

共有部分の検討と同様に大切なのが、「プライバシーの確保」です。

 

 

世帯間の距離感も今後住み続けていく上では大切で、常に同じ場所に居続けるのは息が詰まりますよね。

 

 

丁度良い距離感を確保することが大切で、その距離感があるかないかで快適に過ごせるかどうかが大きく変わります。

 

 

二世帯の間取り作りに迷ったら、プロにお任せしてみよう!

 

二世帯住宅は、二世帯が同じ屋根の下で暮らすので、通常の間取り作りより時間がかかります。

 

 

なので、家づくりが中々スムーズに進まないケースも多々あるようです。

 

 

理想の間取りを実現したい!
と思っていても、何から始めたらいいのか分からない方のために、今回はおすすめのサービスを紹介します!

 

 

その名も「タウンライフ家づくり」。←なんと完全無料♪

 

 

 

こちらのサービスでは、600社以上の注文住宅会社の中から、気になる住宅会社に「条件に合った間取りプラン」を作成依頼できます♪

 

 

理想の間取りを叶えてくれるのはもちろん、専門家の目線で住みやすい間取りを提案します!

 

 

同じ条件で複数の住宅会社に間取りを依頼すれば、どの間取りが一番理想に近いかまとめて比較検討できるのもメリット。

 

 

条件に合った間取りがほしい
いくつかの間取りを比較検討したい
「プロの視点」で間取りの提案をしてほしい

といった方は、ネットで簡単に申し込めるのでぜひ利用してみて下さいね♪

 

 

 \納得の間取りプランが手に入る!/

【完全無料】二世帯の間取りを依頼する!

50坪の二世帯住宅を建てる価格費用

 

50坪の二世帯住宅を建てる場合、4,000万円程費用がかかります。

 

 

ただ、

・設置する設備機器のグレード
・世帯間でどれくらいのスペースを共有するか

によっても、かかる費用は大きく異なります。

 

 

あらかじめ予算が決まっている方は、希望の条件を盛り込んだ上で、複数の住宅会社に相見積もりをとることも、「家づくりを成功させる秘訣」です。

 

 

「二世帯住宅の相見積もり」について少しでも気になる方は、下記のページもぜひ参考にしてみて下さいね!

 

 

【二世帯住宅】50坪以外の間取りも紹介!

 

今回は50坪の二世帯住宅の間取りについて、詳しく紹介しましたが、

他の坪数の間取りも知りたい!

といった方のために、10坪から100坪以上の間取りを詳しくまとめた記事をご紹介します♪

 

 

どれくらいの広さにしようか迷っている方や、色々な坪数の間取りを比較検討したい方は必見です!

 

 

まとめ

 

今回は、50坪の二世帯住宅の間取りについて詳しく紹介しました!

 

 

完全分離型の二世帯住宅では、50~60坪以上の間取りが望ましいですが、それ以下の坪数でも間取りの工夫次第で、快適に暮らすことは可能です。

 

 

家族や世帯間で、間取りの共有部分はどうするかなど、事前にしっかりと相談することが大切です!

 

 

\プロの目線を+間取りを依頼♪/

【完全無料】二世帯の間取りを依頼する!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
間取り

↓ポチっと応援クリックお願いします(^^)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ

フォローする
二世帯住宅のトビラ
タイトルとURLをコピーしました