【二世帯住宅】プライベートな空間で羽伸ばす!?@おすすめ間取り5選

間取り

二世帯住宅に住む際に、

ちゃんとプライベートは確保できる?
どんな工夫でプライベートな空間を作れる?

など考える方は多いのではないでしょうか?

 

 

今回は、

・【二世帯住宅】どんな工夫でプライベートな空間を作る?
・【二世帯住宅】プライベートな空間を確保した間取り
・【二世帯住宅】プライベートな空間は大事!?体験談まとめ

など、二世帯住宅のプライベートな空間に関する、気になる情報を詳しくまとめました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【二世帯住宅】どんな工夫でプライベートな空間を作る?!

 

 

これから、どのような工夫で、二世帯住宅でプライベートな空間を作れるのか紹介します!

スキップフロアを作る!

今流行りのスキップフロアです。

 

 

大好きな家族だけれど、ちょっと一人になりたいな。
ずっと一緒にいると、気疲れしてしまう。

そんな時に、フラッと移動できるスペースです。

 

 

 

 

リビングでくつろぎ、さらにスキップフロアで自分だけのプライベートな時間を過ごすこともできます。

 

 

値段は、大きさや地上からの高さなどによって、まちまちだそうです。

玄関を別にする!

 

 

完全にプライベートを優先した作り方です。

 

 

・親世代は1階
・子世代は2階

という建て方は多いのではないでしょうか。

庭をお互いのプライベート空間にする!

 

 

1階の庭と屋上の庭、中庭と玄関側の庭など、2か所に庭を作って、それぞれのプライベート空間にするというやり方もあります。

 

 

合わせて読みたい

【二世帯住宅】プライベートな空間を確保!おすすめ間取り5選

 

 

それではこれから、二世帯住宅でプライベートな空間を確保した、おすすめ間取りを紹介します!

【二世帯住宅】ほどよい距離感♪プライベートな空間を確保した間取り

 

 

 

 

 

出典:All About

 

 

こちらは、パナホームの二世帯住宅間取り。

 

 

一般的な間取りだとは思いますが、注目したいのはその部屋の配置です。

 

 

それぞれのライフスタイルに合った間取りになっているものの、寝室の場所は揃えて、両方の世代が気遣うことなく静かに休むことができるのが特徴です。

 

 

こうすることで、世帯間でちょうど良い距離感を保つことができます。

【二世帯住宅】開放感あふれる畳のLDKは圧巻!和モダンな間取り

 

 

 

出典:ミサワホーム

 

 

こちらは、ミサワホームの二世帯住宅間取り。

 

 

旅館のような落ち着きと、上品さを兼ね備えた作りになっています。

 

 

リビングも珍しく畳で、天井高が約3.5mあるので、ダークな板張り天井にしても、圧迫感がありません。

 

 

また、ボルタリングができるスペースもあるので、子供世帯も楽しめそうです。

二世帯住宅へリフォーム!プライベートな空間を確保した間取り

 

 

 

出典:イワクラホーム

 

 

二世帯住宅へとリフォームした間取り。

 

 

共有部分は玄関のみで、

・親世帯
・子世帯

それぞれに水回りをつくりました。

 

 

間取りを工夫することで、ほどよい距離感でプライベートな空間を確保し、収納力も兼ね備えた二世帯住宅です。

心地よい距離感♪隣居タイプの二世帯住宅間取り

 

 

出典:住友林業

 

 

シンプルなボックス形状が特徴の、モダンな二世帯住宅の間取り。

 

 

左右で完全に分離しているので、両世帯のプライベートもしっかり確保しています。

 

 

隣に暮らす安心感と、心地よい距離感を大切にしたい方にはおすすめです。

中庭付き!上下分離型の二世帯住宅間取り

 

出典:住友林業

 

 

上下で親世帯と子世帯を分けた、プライベートな空間を確保した、二世帯住宅間取り。

 

 

子世帯の玄関から親世帯のリビングに直結しているので、孫も気軽に遊びに行きやすい間取りです。

 

 

子世帯のLDは、明るい2階に設けられているので、お気に入りのインテリアや、友人とのパーティーなども、気兼ねなく楽しむことができます。

まとめると

 

 

5つの間取りを紹介しましたが、どれも様々な方法で、プライベートな空間を確保していました。

 

 

大好きな家族だからこそ、自分たちの時間、空間も大切にしてずっと仲良く・・・。そんなアイディアがあふれる、二世帯住宅でした。

 

 

全て共有の二世帯住宅ではなく、ある程度の距離感が保てる二世帯住宅が理想ですが、それぞれのライフスタイルに応じて、じっくりと家族で相談しましょう。

 

 

合わせて読みたい
【完全無料】二世帯の間取りがサクサク完成!プロが作る間取り図作成サービス!
二世帯住宅を検討している方で、 具体的にどんな間取りになるかイメージできない! どうやって間取りプランを形にするの? などとお悩みの方は多いはずです。 実際、二世帯住宅には様々な家のタイプがあるので、タイプごとに...

【二世帯住宅】プライベートな空間は大事!?体験談まとめ

 

 

これから、二世帯住宅でプライベートな空間は大事なのか、体験談を3つ紹介します!

 

 

お互いのプライベートをよりよく確保するには、水回りの移動は費用がかかるとして、せめて1階の寝室の上は納屋部分やクローゼット、または廊下部分にするなど、お互いの生活音が気にならない間取りの工夫が必要でした。二世帯住宅を考える場合は、「音」「プライバシー」をポイントに考えると、上手くいくと思います。

 

なるほど。空間と同時に「音」にもこだわると良い、とのことです。

 

 

これは、顔を合わせていなくても発生する問題なので、二世帯住宅に住む前に、しっかり考えておきたいことです。

 

 

 

 

リビングとお風呂など、共用スペースは一緒なので、光熱費や食費は折半と言うことにしたのですが、これが大きな間違いでした。こちらは、電気や水道などこまめに節約して、頑張っているのに、お姑さんはおかまいなしの状態。安物買いにも行かず、普通に高いものを平気で買ってきます。こちらはスーパーをはしごして、1円でも安いところへ買いに行っているのに。

 

 

・お金の使い方
・水の使い方
・電気の使い方

など、実際二世帯住宅に住んでみなければ、想像できない問題もありますね。

 

 

 

お金の使い方や、水・電気の使い方などが気になる方は、そういうところをプライベートな空間にした方が良さそうです。

 

 

 

 

元々、姑さんの使い勝手が良いように建てられた家なので、共有部分は何一つ自由にならず、不便な思いをしました。

 

 

自分のやり方が決まっている人同士の同居だと、どちらかが我慢したり、ぶつかってしまったり、ストレスが溜まってしまうので、ここだけは譲れないという場所は、自分の自由になるような設計が理想的ですね。

 

 

合わせて読みたい

まとめ

 

 

今回は、

・二世帯住宅のプライベートな空間を作る工夫
・二世帯住宅のプライベートな空間を確保した体験談

などを紹介しました。

 

 

実際に二世帯住宅に住んでみないと分からない苦労や、ちょうどいい距離を保つための工夫など色々ありましたね。

 

 

二世帯住宅と言っても、一昔前とは考え方や暮らし方も色々変わってきているので、自分たちに合った二世帯住宅は何かしっかりと考えてみて下さいね。

 

 

注目のイチオシ記事
【完全無料】二世帯の間取りがサクサク完成!プロが作る間取り図作成サービス!
二世帯住宅を検討している方で、 具体的にどんな間取りになるかイメージできない! どうやって間取りプランを形にするの? などとお悩みの方は多いはずです。 実際、二世帯住宅には様々な家のタイプがあるので、タイプごとに...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
間取り

↓ポチっと応援クリックお願いします(^^)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ

フォローする
二世帯住宅のトビラ
タイトルとURLをコピーしました