二世帯住宅を安く建てるなら工務店!?価格相場・選び方・間取りまとめ

ハウスメーカー

二世帯住宅を考える方で、住宅会社選びに迷っている方も多いと思います。

 

 

そんな中、工務店について詳しく知っている方は、少ないのではないでしょうか?

 

 

今回は、

工務店が安い理由は?
【工務店】二世帯住宅の価格相場
【工務店】二世帯住宅を安く建てる方法
【二世帯住宅】工務店を選ぶ際の注意点
【工務店】二世帯住宅のおすすめ間取り
など、二世帯住宅の工務店に関する気になる情報を、詳しく紹介します!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

工務店が安い理由は?

宣伝・広告費にお金をかけない

工務店は、地域密着型が多く、宣伝や広告はHPの作成などで済むことが多いため、過剰な広告宣伝を行う必要がなく、その分の費用が安くなっていると言えます。

 

 

一方で、ハウスメーカーは一体なぜ、認知度が高いのでしょうか?

 

 

それは、大量の広告費をかけて、コマーシャルを流しているからです。

 

 

某大手ハウスメーカーの年間広告費は250億以上といわれており、年間販売棟数で割り返すと、1棟当たり約50万円のコマーシャル代が付加されている計算になります。

 

 

また、住宅展示場の維持費も、都内では年間一か所で2000万円近くかかるところもあり、維持費は相当な金額になり、これらの負担も同じく、建築費に加算されています。

開発費がかからない

 

工務店は薬で言うジェネリックのようなもので、少し遅れてではありますが、技術や性能をもった家を、安価で提供することができます。

 

 

実際、工務店が自社で用意している材料というものはほとんどなく、

・外壁
・窓
・設備

等はすべで外注になっています。

 

 

最先端の技術ではないですが、一定の水準をクリアした商品を、安く仕入れていることも、理由の1つだと言えます。

 

 

一方で、大手ハウスメーカーの大半は、自社の研究施設を持っていて、他社にはない商品を日々開発しています。

 

 

日々、安全性や快適性を増した住宅が誕生しているのですが、開発費は年間で莫大な金額となっています。

【工務店】二世帯住宅の価格相場

 

工務店の二世帯住宅の価格相場は、3500~4000万円です。

 

 

地域や工法によってももちろん異なりますが、工務店で建てる二世帯住宅の平均坪単価は、50万円と言われています。

 

 

仮に、60坪の住まいを建築したとして、60坪×50万円=3000万円

 

 

これに

・ライフライン(電気・ガス・水道工事)設置費用:200万円
・登記などの諸費用:100万円
・地盤補強:200万円

などを加えると、合計3500万円となり、8%の消費税を加算すると、約3780万円となります。

 

 

鉄骨・木造による価格差を考慮すると、3500~4000万円が相場と言えるでしょう。

 

 

ちなみに、ハウスメーカーで二世帯住宅を建てる場合だと、坪単価60~70万円程度が相場で、4500~5000万円前後の総額となります。

【工務店】完全分離型だと費用は変わる?

 

完全分離型にすることで、変わってくる費用は設備代です。

 

 

例えば、

・風呂:100万円
・キッチン:50万円
・洗面:20万円
・トイレ:10万円
・玄関:20万円

など、200万円前後が、追加でかかってくる費用と言えます。

 

 

よって、60坪の計画であれば、先程の相場の価格に200万円を加算した3700~4200万円程かかる、と考えて頂ければと思います。

 

 

注意点としては、完全分離型にすることで、居室の大きさは減少するため、それを補おうと家を大きくしてしまうと、また費用は上がってしまいます。

 

 

55~60坪あれば完全分離型として、十分なスペースを確保できるので、安易に坪数を上げずに、無駄なスペースなどがないか、まずは見直して下さい。

 

 

合わせて読みたい

相見積もりで予算内&理想の二世帯住宅が実現!満足必至の方法はコレ
二世帯住宅を検討している方で、 理想の家のイメージはできたけど、どの住宅会社が良いか分からない! とお悩みの方も多いのではないでしょうか? 予算内であなたの理想の二世帯住宅を実現するためには、複数の住宅会社に相見積もりをと...

【工務店】二世帯住宅を安く建てる方法

家の形をシンプルにする

工務店に限ったことではないですが、家の形を極力正方形に近づけることで、費用は抑えられることが多いです。

 

 

理由は、材料を使う量にあります。

 

 

例えば、1辺が10m、面積が100㎡の正方形の家を建てる時、外周の長さは合計40mとなります。

 

 

一方、面積が同じ100㎡でも、短辺が5m、長辺が20m の家だと、外周の長さは合計50mとなります。

 

 

このように、正方形に近い方が材料費が抑えられ、同じ面積でも安く建てることが可能です。

新居を公開する

 

モデルルームを持たない工務店は、実物を見せられる場がありません。

 

 

なので、一定期間新居を公開することで、値引もしくは謝礼金を期待することができます。

 

 

もちろん新居を第三者に見せることに、抵抗がある方はいらっしゃると思いますが、30分程度の公開で数万円の謝礼が発生するので、割は良いと思います。

【二世帯住宅】失敗しない工務店の選び方

工務店で安く二世帯住宅を建てられることが分かりましたが、一方で建築費用の半分近くは建物の素材、つまり基礎や柱であることも忘れてはいけません。

 

 

ハウスメーカーと

・広告費
・開発費

で差が出るとしても、500万円前後がいいところです。

 

 

同じ工法・同じ大きさの家で、500万円以上差が出ているときは、

材料が粗末なのでは?

と勘繰った方がいいでしょう。

 

 

基礎や柱を粗末なものにすることは、住宅の寿命を短くして、短期間での建て替えを余儀なくされ、結果として割高な買い物になってしまいます。

工務店で建てる!二世帯住宅の間取り

プライベート空間を大切にした間取り

出典:今井建設

 

同じ屋根の下ですが、生活空間は別々の間取り。

 

 

プライベートは守られますが、困った時には世帯間で助け合える、理想の住空間です。

 

 

親世帯・子世帯共に、玄関収納を広めに確保しているのもポイントです。

自然に顔を合わせられる間取り

出典:今井建設

 

食事や団欒をみんなで楽しむ間取り。

 

 

・お風呂
・洗濯

などの水回りを共有することで、光熱費を削減しました。

 

 

みんなが自然に顔を合わせられる設計になっています。

世帯間の生活スタイルに配慮した間取り

出典:今井建設

 

和室を設けた1階は、ゆったりとした親世帯、必要な空間を無駄なく便利にそろえた2階は、子世帯用の間取り。

 

 

・価値観
・ライフスタイル

に違いがある二世帯が、気持ちよく暮らせる間取りがポイントです。

 

 

玄関は、シューズクロークと空間を分けることで、大容量の収納が可能です。

プライベート空間を大切にした間取り

出典:今井建設

 

1階の親世帯にも、寝室を2か所に用意した間取りです。

 

 

プライベート空間を分けることで、気持ちの良い生活を送ることができます。

 

 

生活サイクルが世帯間で違ったり、物音に敏感な方におすすめです。

お互いの生活音が気にならない間取り

 

 

出典:TERAJIMA ARCHITECTS

 

階上・階下で世帯を分けるのではなく、建物の中央を境に、完全左右対称にした間取り。

 

 

お互いの生活音などが気にならないように、配慮されています。

 

 

子供部屋にはドアを2つ設けて、成長に合わせて2部屋に分けることも可能です。

 

 

合わせて読みたい
【完全無料】二世帯の間取りがサクサク完成!プロが作る間取り図作成サービス!
二世帯住宅を検討している方で、 具体的にどんな間取りになるかイメージできない! どうやって間取りプランを形にするの? などとお悩みの方は多いはずです。 実際、二世帯住宅には様々な家のタイプがあるので、タイプごとに...

工務店で二世帯住宅を建てるメリット

間取りの自由度が高い

工務店は、プレハブ住宅のような規格がないため、建築基準法に違反していなければ、一通りの自由はききます。

 

 

例えば、ハウスメーカーだと、排水の関係で、浴槽をユニットバス以外のものにすることは原則NGなのに対し、極端な例ではありますが、工務店は五右衛門風呂を入れることも可能です。

費用が安い

 

繰り返しになりますが、同じ品質だとしても、ほとんどの場合、工務店の方が費用を抑えられます。

営業・設計・工事の連携が強い

 

工務店は、携わっている人間が少ない分、窓口を一本化しやすいです。

 

 

大手ハウスメーカーの場合、営業1人当たりの顧客数は5~10組、設計は10~20組、工事となると、20組以上見ていることがあります。

 

 

当然営業・設計・工事の連携も、甘くなる傾向にあります。

 

 

大量生産できるハウスメーカーだからあり得る事態であり、工務店でこのような事態は、まず起らないと言えるでしょう。

工務店で二世帯住宅を建てるデメリット

まず、二世帯住宅は特殊な住宅だということを、ぜひ理解してください。

 

 

間取りでの創意工夫はもちろんですが、性能でカバーしないといけないところもあります。

 

 

例えば、上下で世帯を分ける場合に問題になるのが、上下階の遮音性と2階(最上階)の屋根の断熱です。

 

 

一階にしかいない世帯は、常に上階の足音や物音に悩まされ、2階にしかいない世帯は、夏になると2階よりも高い室温になることは必至です。

 

 

上下階の音は、2階の床をコンクリートにすることで、屋根の断熱は発泡系の固形断熱材を敷き詰めることで、解決が可能ですが、現状そのようなオプションを持ち合わせている工務店は、少ないと言えるでしょう。

 

 

工務店だから間取りが悪い、ということは全くないので、この性能面をクリアできるかが、工務店で二世帯住宅を建てるべきか否かの答えに、大きく関わってくるといえます。

 

 

もちろん、ハウスメーカーでもこの性能を有していないところは多数あり、注意が必要なことは忘れないでください。

まとめ

今回は、工務店が建てる二世帯住宅について、詳しく紹介しました。

 

 

工務店が安い理由や、工務店で建てる二世帯住宅の価格相場など、知って頂けたかと思います。

 

 

ハウスメーカーと比べても、価格相場は大きく変わるので、

少しでも安く二世帯住宅を建てたい!

という方は、工務店を検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

注目のイチオシ記事
【完全無料】二世帯の間取りがサクサク完成!プロが作る間取り図作成サービス!
二世帯住宅を検討している方で、 具体的にどんな間取りになるかイメージできない! どうやって間取りプランを形にするの? などとお悩みの方は多いはずです。 実際、二世帯住宅には様々な家のタイプがあるので、タイプごとに...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ハウスメーカー

↓ポチっと応援クリックお願いします(^^)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ

フォローする
二世帯住宅のトビラ
タイトルとURLをコピーしました