DIYで二世帯住宅を作る?!実例・ポイント・費用まとめ

リフォーム

二世帯住宅を考えている方で、

diyで二世帯住宅はできる?

と思った方はいらっしゃいませんか?

 

 

diyで二世帯住宅を作るには、様々なメリットやデメリットがあり、費用もかかる可能性があるので、要注意です。

 

 

今回は、

・DIYとは
・DIYで二世帯住宅は作れる?
・実例
・DIYで二世帯住宅を作るポイント
・費用

など、気になる情報を詳しく紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

DIYとは

 

DIYと言われても、何のことなのか分からない人もいるのではないでしょうか。

 

 

近年ではDIYが話題になっていたこともあり、DIYも家づくりにおいて、一つの選択肢になり得ます。

 

 

 

DIYとは『Do It Yourself』の略称で、自分自身でやる、という意味です。

 

 

つまり、既製品を使うのではなく、既存の

・材料
・工具

などを駆使して、家屋を修繕したり、何かを修理したりすることです。

 

 

これにより、既製品を購入するよりも、費用を安く済ませることが可能で、場合によっては壁を取り払って、部屋同士を繋げたり、壁紙を貼り替えるといった大規模なこともできます。

DIYで二世帯住宅は作れる?

 

DIYで大規模な改築を行って、複数の部屋をつなげることができますが、

実際DIYで二世帯住宅を作れるの?

と気になる方も多いと思います。

 

 

結論から言えば、DIYで二世帯住宅を作ることは可能です。

 

 

その分注意しておきたいことも多くありますが、相応の技術力やスペースなどがあれば、何とかして二世帯住宅にすることができるでしょう。

【二世帯住宅】DIYの実例

子供も積極的にDIYに参加した実例

 

出典:ひだまりほーむ

 

DIYで子供も参加した、リノベーションで二世帯住宅にした実例。

 

 

ご主人の実家の二階部分を活用し、

・玄関
・キッチン
・お風呂

を全て二つにした、完全分離型の二世帯住宅。

 

 

家族みんなで家づくりの思い出を作りたい!

と、子供も積極的にDIYに参加して、思い出を刻んだ住まいになりました。

【二世帯住宅】DIYのポイント・注意点

 

DIYで二世帯住宅を作る場合、通常のDIYと違って、様々なポイントや注意点があります。

 

 

何も知らずに二世帯住宅にしようとしても、失敗してしまう可能性があるので、十分な注意が必要です。

 

 

それでは、DIYで二世帯住宅を作る際のポイントや、注意点を説明します!

事前にしっかりとした計画を立てる

 

やみくもに二世帯住宅にしようとすると、必ず失敗してしまうでしょう。

 

 

業者に依頼するのではなく、自分の手でDIYを行うので、事前にしっかりとした計画を練っておくのが、最大のポイントです。

 

 

どの壁を取り払って部屋を繋げるのか、どのスペースに仕切りを作って部屋を分けるのかなど、決めるべき重要な点は多くあります。

 

 

親世帯と子世帯で十分な話し合いの時間を設け、どのような二世帯住宅にしたいのか、決めることが大切です。

専門家の意見を聞く

 

DIYで二世帯住宅を作るつもりであれば、自分たちで調べた知識だけに頼るのではなく、DIYの専門家などに意見を聞いてみるのもポイントです。

 

 

DIYのコツや、注意しておきたいことは多くあるので、分からないことや疑問に思っていることは何でも相談しましょう。

 

 

DIYの本を購入して読むのもおすすめです。DIYに必要な情報や知識などが載っているので、これからDIYをするにあたって役に立つでしょう。

どこに費用をかけるのか、優先順位を決める

 

二世帯住宅において、世代間でトラブルになりやすいのが、どこに費用をかけたかです。

 

 

既存の住宅をDIYにするのですから、親世帯や子世帯にも様々な要望が生まれるので、注意が必要です。

 

 

DIYによって費用を抑えることができるので、妥協したくないところに費用をかけるようにするのがおすすめです。

 

 

親世帯と子世帯で話し合い、妥協したくないところを挙げていき、しっかりと計画を練ることで、トラブルを引き起こす可能性がグッと低くなるでしょう。

DIYとリフォームを組み合わせる

 

場合によっては、DIYとリフォームを組み合わせるのもおすすめです。

 

 

妥協したくないところは徹底してリフォームを行い、妥協してもいいところは、DIYを行って費用を抑えることで、賢く二世帯住宅を作ることができます。

 

 

ただし、DIYよりもリフォームの方が費用がかかってしまうので、費用のかけ方に注意するべきでしょう。

 

 

また、費用をかけてしまっては、DIYを行っても、あまり大した差にならない可能性があるため、どの程度リフォームするかが重要です。

DIYで二世帯住宅を作る費用

 

DIYで二世帯住宅を作る場合、

費用はどれくらいかかるの?

と気になる方もいらっしゃると思います。

 

 

どの程度DIYをするのかによって、費用が大きく違ってくるでしょう。

 

 

基本的に設備の取り換えなどをしない場合、およそ30万円~150万円程度でできます。

 

 

もちろん先ほどご説明したように、DIYのレベルによっては、これ以上費用がかかることもあるので、注意が必要です。

リフォームで二世帯住宅にする費用と比べると?

 

DIYではなく、リフォームで二世帯住宅にする場合、全体リフォームだと、500万円~1000万円ほどかかる可能性があります。

 

 

費用がかかっている分だけ、非常に高性能なリフォームを行うことができますが、いかんせん費用がかかりすぎてしまう部分もあるでしょう。

 

 

二世帯住宅へのリフォームは失敗する可能性もある以上、そこまで費用をかける必要性があるのか、十分に話し合う必要性があります。

 

 

場合によっては、リフォームの必要性がない場合もありますし、DIYで事足りる部分もあるので、やはり計画性が大切です。

 

 

合わせて読みたい

二世帯住宅リフォームの費用相場は?規模&住居スタイル別で徹底比較!
二世帯住宅をリフォームする場合、どんなリフォームを行うのかによって費用の相場が大きく違ってきます。 相場が分かれば、それに向けた費用を用意しやすくなりますね。 今回は、 二世帯住宅のリフォーム費...

【二世帯住宅】DIYの口コミ・評判!

 

二世帯住宅のDIYについて、様々な評判や口コミがあることでしょう。

 

 

DIYで二世帯住宅を作るにあたって、成功した人もいれば、失敗した人もいるので、それらをチェックすることで、今後の家づくりの参考にできますよ。

 

 

それでは、DIYで二世帯住宅を作った人の口コミを紹介します!

悪い口コミ

もう最悪でした。事前にしっかり計画しなかったからかもしれませんが、何もかもが中途半端で、満足いく出来ではありませんでした。
大の素人が、DIYで二世帯住宅を作るなんてことが、そもそもの間違いでした。いろいろ計画を練ったつもりでしたが、結局リフォーム業者にお願いしました。

良い口コミ

DIYで二世帯住宅を作って、本当に良かったです。格安で二世帯住宅を建てたようなものですし、自分好みの家に住めているので快適です。
DIYで二世帯住宅を建てて、大幅に費用を抑えられたのが、大きかったです。その分の費用を他に回すことができたので、非常にお得でした。
DIYということで、技術の問題が発生するかと思いきや、上手い具合に二世帯住宅が完成したので、とても満足しています。
リフォームしなくても、DIYで二世帯住宅が作れる、ということで挑戦しました。最初はどうなることかと思いましたが、無事に完成して良かったです。

まとめると

 

やはり、素人の技術で二世帯住宅を作るのは、無理難題と言えるのか、失敗してしまうケースが多いようです。

 

 

しかし、しっかりとした計画を持ってすれば、大幅に費用を抑えつつ、二世帯住宅が作れるので、大変有意義なDIYになるでしょう。

 

 

DIYによって二世帯住宅を作るのは、しっかりとした計画性が必要なので、失敗する可能性があるのは、仕方がないことです。

 

 

ですが、それでもDIYに成功すれば、費用を抑えつつ、自分たちだけのこだわりの家を実現できるため、やってみる価値は十分にあるでしょう。

【二世帯住宅】DIYはこんな人がおすすめ

費用を抑えたい人

 

何かが破損してしまって、修理しなければならなくなった時、もう一度同じものか、性能が良い物を購入するよりも、自分で修繕したり修理した方が、費用を抑えられることがあります。

 

 

つまり、DIYは時として、費用を抑える手段にもなり得るでしょう。

 

 

あまり費用をかけたくない人にとって、DIYは自分なりに延命措置を図るようなものです。もちろんどんなに修繕しても、どうにもならない場合もありますが、上手く修理できれば、費用を抑えることに繋がります。

 

 

もちろん、業者に修理を依頼する必要性がなくなるので、その分の費用がかからないのも、大きなメリットです。

より良い生活空間にしたい人

 

DIYは、修理や修繕を行う意味合いを持っていますが、自分でより良い生活空間にするために、手作りのものを作る目的で行われることもあります。

 

 

既製品に頼らず、手作りによって、生活空間を快適にできれば、費用も抑えられて一石二鳥でしょう。

 

 

もちろん、それ相応の技術を必要とする場面が多くありますが、

元々、材料や工具を使って何かを作るのが得意!

という人には向いているかもしれません。

間取りを変えたい人

 

大規模なDIYを行う場合、壁紙を貼り替えたり、壁を取り払って部屋を繋げる、といったことができる住宅は限られています。

 

 

しかし、自由に間取りを変更できる住宅であれば、特定条件下でのみ、間取りを変えることができるでしょう。

 

 

大規模なDIYを行うことになるので、半端な技術では失敗する可能性があるので、おすすめはできません。しかし、高い技術を持っているのであれば、DIYも選択肢に入ります。

 

 

もし間取りを変えたい場合は、DIYに挑戦するのもおすすめです。

DIYで二世帯住宅を作るメリット

 

DIYによって、二世帯住宅を作るメリットは、たくさんあります。

 

 

それでは、DIYで二世帯住宅を作るメリットについて、説明します!

リフォームよりも費用が抑えられる

 

DIYの最大のメリットは、リフォームよりも、費用を安く抑えられることです。

 

 

DIYの特徴は、自分自身で修理や修繕を行ったり、何かを作り出すことで、業者に依頼するよりも、はるかに安く費用を抑えられることです。その差は数万円以上にもなるほどで、この費用の抑え方は、節約の面でも大きなメリットです。

 

 

やり方次第では、リフォームとそこまで変わらない生活空間に変えることが可能なので、

・どうすれば快適な空間にできるか
・いかに費用を抑えられるか

十分に考えることが大切です。

自分自身の手で、こだわりの空間にできる

 

リフォームの場合、自分自身が思い描いているイメージを、口で伝えるのは難しいです。

 

 

失敗する可能性があることを考えると、やはり自分自身の手で、快適な空間が作り出せるDIYは、非常に大きなポイントです。

 

 

やり方次第でどんな空間にも変えられるので、工夫を凝らせば、リフォームの事例にもないような空間が作り出せるでしょう。

 

 

しかも安価でできることから、費用面でもお得に、理想の空間が作り出せます。

DIYで二世帯住宅を作るデメリット

 

DIYによって、二世帯住宅を作るメリットは確かにありますが、デメリットもあります。

 

 

場合によっては、リフォームをした方が良いこともあるので、十分な注意が必要です。

 

 

それでは、DIYで二世帯住宅を作るデメリットについて紹介します!

しっかり計画しないと、失敗する可能性が高い

 

リフォーム業者なら、確かな技術によって完璧な二世帯住宅にできますが、DIYは良くも悪くも自分自身の手で、二世帯住宅にしなければなりません。

 

 

素人同然の技術で、どこまでDIYができるかどうかも心配ですが、事前の計画性が成功と失敗を左右するでしょう。

 

 

やみくもに作業を行ったところで、満足いく出来になるとは限りませんし、予想外のトラブルが頻発して、二世帯住宅にする計画が頓挫してしまうことも、珍しくありません。失敗しないようにするためにも、事前にしっかりとした計画を練ることが何よりも重要です。

 

 

特に親世帯と子世帯の要望をまとめた上で計画を立てないと、DIYに成功しても、後からトラブルになる可能性もあります。まとめた計画をもう一度確認して、抜かりがないかチェックすることが大切です。

生活動線や配線などの問題が、発生するリスクがある

 

DIYで二世帯住宅を作る時に、忘れてはならないのが、家中にある生活動線や配線などの問題です。

 

 

一部の設備はともかく、壁の中に入っている配線や導線などは、ぞんざいに扱うと設備が使えなくなる可能性が高いので、その問題を視野に入れた計画を立てなければなりません。

 

 

特に、壁を取り払う必要性がある場合は、その周辺に何らかの設備がないか確認したり、その壁の中に配線や導線などがないか、しっかり確認する必要性があるでしょう。

技術的にDIYできない部分がある

 

DIYは自分自身の手で行う以上、技術的にどうしてもDIYができない部分が、出てくる可能性があります。

 

 

この場合、やむを得ずリフォーム業者などに依頼する必要性が出てくるので、その分の費用がかかるでしょう。

 

 

ただ、この問題に関しては、事前に計画の中に組み込むこともできるので、最初から一部のリフォームをすることが決まっていれば、問題ありません。

 

 

したがって、計画を練る時に、リフォームの必要性があるかどうかも、考える必要性があります。

まとめ

 

DIYによって、自分自身の手で、こだわりの生活空間を生み出せるのは、他にない大きなメリットです。

 

 

しかし、いくら費用を抑えられるからといっても、失敗する可能性があるので、十分な注意が必要なことには、変わりないでしょう。

 

 

注目のイチオシ記事
【完全無料】二世帯の間取りがサクサク完成!プロが作る間取り図作成サービス!
二世帯住宅を検討している方で、 具体的にどんな間取りになるかイメージできない! どうやって間取りプランを形にするの? などとお悩みの方は多いはずです。 実際、二世帯住宅には様々な家のタイプがあるので、タイプごとに...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
リフォーム

↓ポチっと応援クリックお願いします(^^)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ

フォローする
二世帯住宅のトビラ
タイトルとURLをコピーしました