【二世帯住宅】光熱費をグ~ンと抑える!電気・水道・ガスメーターは分けるべき?

マネー

二世帯住宅に住むに当たって、やはり世帯間の関係は、良好に保ちたいものですよね。

 

 

今回は、そんな良い関係を築くために、忘れてはいけない「光熱費」について考えていきましょう。

 

 

・【二世帯住宅】電気メーターは2つに分けるべき?
・【二世帯住宅】水道メーターは1つにまとめるべき?
・【二世帯住宅】ガスメーターは2つに分けるべき?

など、二世帯住宅に住んでから、後悔しないための必見情報を詳しく紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【二世帯住宅】電気メーターは2つに分けるべき?

 

 

完全同居型であれば、電気メーターを分けるということは難しくなってきますが、完全分離型の場合は、電気メーターを別にして、電気代はそれぞれで払った方が、何かと面倒ごとは、起きなさそうな気もします。

 

 

ただ、二世帯住宅で電気メーターを分ける場合、

工事費用は結構かかる?
基本料金は二重になってしまうの?

など、疑問もあると思います。

 

 

実際、電気メーターを2つに分ける場合と分けない場合で、費用にどれだけの差が出るのか、徹底比較してみました!

【二世帯住宅】電気メーターは2つに分ける方がお得?

 

 

まずは月々の使用料金の比較から。

 

 

今回はモデルケースとして以下を使います。

 

・年間使用量は、省エネルギー庁発表の【4人家族の場合の平均使用量は年間で5,500kWh】(月平均で458kWh使用)
・親世帯は2人家族であることも考慮して、月平均を300kWhと考える。
・契約容量は、オール電化と仮定して、1世帯あたり60Aとする。
・東京電力のプレミアムS(もしくはL)で契約の場合で試算。
※東京電力プレミアムS(もしくはL)
基本料金・・・10Aにつき280.8円(Lの場合1kVAにつき280.8円)
使用料金・・・400kWhまで定額9,700円、超過分1kWhあたり29.04円

電気メーター1つの場合

基本料(280.8円×12)+定額分9,700円+超過分((58+300)×29.04円)=23,465円

電気メーター2つの場合

子世帯:基本料(280.8円×6)+定額分9,700円+超過分(58×29.04円)=13,068円
親世帯:基本料(280.8円×6)+定額分9,700円+超過分(0×29.04円)=11,384円

 

合計:24,452円

まとめると

 

 

月平均で見ると、あまり変わらないように感じます。

 

 

ただし、この計算は年間使用量を単純に12で割っていたり、

親世帯は実際には、60Aもいらないのでは?

ということも考えられます。(使用量があまり多くない場合は、プランもプレミアムでない方が、お得な場合もあります。)

 

 

これらを考慮すると、二世帯住宅は電気メーターを2つに分けた方が

・ほとんどの月で、定額使用量分で追加支払いがない
・各世帯が必要な分だけ契約できるので、基本料金を抑えられる

ので、お得と言えます。

 

 

合わせて読みたい

【二世帯住宅】同居で生活費が安くなる?平均費用・負担割合まとめ
二世帯住宅にすると、生活費がお得になるという噂がありますが、はたして本当なのでしょうか? 生活費が安くなるなら、二世帯住宅に住む選択肢が出てきますね。 今回は、 二世帯住宅の生活費はどれくらい?...

電気引き込み費用は変わる?

 

 

二世帯住宅で電気メーターを2に分ける場合は、1つだけ設置する場合と比べて、費用は余分にかかります。

 

 

・各世帯に分電盤を設置
・各世帯に電柱より引き込み

など、単純に2件分の設備が必要となるため、この部材代が単純に二重でかかります。おそらく20万円前後でしょう。

電気メーターを1つにすることのメリット

 

もう一方の世帯の、電気使用状況を確認できる!

暑い夏には、電気代を気にして、室内熱中症になる方も多くいらっしゃるようです。

 

 

電気メーターが一つであれば、もう一方の世帯の使用状況もなんとなく想像がつき、

我慢しているんじゃないか?

など気を配ることができます。

基本料金を二重で支払う必要がない!

 

 

これは、先ほどの計算と逆の意見になるので、混乱することもあるかと思いますが、それぞれの世帯の使用量などによっては、基本料金を抑えることが、節約につながるケースもあります。

 

 

オール電化で検討の場合は、ほとんどのケースで、電気メーター2つがお得になりますが、念のため、実際の利用料金(現在の住まいの使用量)をもとに、電力会社のシミュレーションを使って、検討することをおすすめします。

初期費用が安くなる!

 

 

前述の通り、電気メーターを分けるには、約20万円ほどの費用がかかるため、シミュレーションの結果、あまり料金が変わらないような場合は、初期費用分だけメーター1つの方が、お得な場合もあります。

 

 

やはり、各家庭にあった検討が必須と言えます。

電気メーターを1つにすることのデメリット

 

それぞれの世帯の電気使用量が分からない

電気料金は別々に支払いたい!

という家庭が、大多数なのではないでしょうか?

 

 

電気メーターを1つにしてしまうと、それぞれ世帯の使用量が分からないので、「使った分だけ、それぞれ支払う」ということができません。

 

 

世帯を分け、別々に生活をするのであれば、電気の支払いも分けた方が、後々トラブルは防げそうです。

 

 

合わせて読みたい

【二世帯住宅】7パターンのトラブル・失敗事例まとめ!@解消方法も+でスッキリ
二世帯住宅を建てるにあたって気を付けておきたいのが、設計段階で様々なトラブルが起こる可能性があることです。 設計段階でトラブルが起きるのはよくあることなので、話し合いが必要です。 今回は、 二世帯住宅の設計に関...

電気の使用で、一方の世帯に気を遣ってしまう

 

 

電気メーターを1つにする場合、どちらかの世帯が全負担という場合もあるでしょう。

 

 

この場合は、一方の世帯に気を遣って、電気の使用を控えてしまうことも考えられます。

 

 

暑さや寒さが厳しい季節は、健康状態にも直結するので、電気料金の支払いはきっちり分けて、お互いに気兼ねなく電気を使用できることは、それだけでメリットとも言えます。

水道メーターは1つにまとめるべき?

 

水道メーターを2つに分けるデメリット

施工費が余分にかかる

電気メーターを分けるのと同様に、水道メーターを2つ設置する場合も、やはり単純に施工費が倍になります。

 

 

水道管の取り出し(増設)に関しては、土地の状況にもよりますが、最低でも40万円ほど、最大で数百万円かかることもあるので、初期費用の面で、圧倒的に損をする可能性があります。

基本料金が二重にかかる

 

 

住んでいる市区町村にもよりますが、水道料金の基本料金は、

・二世帯用の口径の大きなもの
・単世帯用のもの

であまり変わらない場合が多いです。

 

 

そのため、基本料金自体は、1つにまとめてしまった方が、お得な場合が多いです。

 

 

市区町村のホームページを参照して、料金的にどちらがお得か、判断しましょう。

二世帯分の水道メーターの設置費用はどれくらい?

 

 

水道メーターの設置費用には、大きく分けて2つの費用があります。

 

 

自治体や土地の状況によっては、数百万円必要な場合もあるので、事前によく確認しましょう。

水道管本管からの取り出し工事費

 

 

土地に面する公道部分に、水道管の本管が通っています。

 

 

水道メーターを増設する場合は、本管から自宅用に分配するわけですが、そのためには公道を掘らなければならないため、費用がかさみます。

 

 

また、土地によっては、前面の道路には本管がなく、少し離れた場所から、公道を掘り返さなければならない場合もあり、費用は様々です。

 

 

すぐ近くに本管がある場合で、30~40万円ほど、少し遠いと、100万円以上の費用がかかることもあります。

 

 

ただし、二世帯分を同時に施工する場合は、公道を掘り返す工程が一度で済むので、そのまま倍かかるというわけではありません。

 

 

新築の際に、無料見積もりができるので、見積もりを見て判断しましょう。

水道加入料金

 

 

自治体により、名称が異なるかもしれませんが、水道を新規で使い始めるために、必要な経費です。

 

 

実際の加入金も自治体により様々ですが、無料のところから、20万円弱の自治体まで、幅があります。

水道の口径は変更しないといけない?

 

 

親世帯が住む住宅を建て替える場合、

すでに水道は取り出してあるから、心配ないのでは?

とお考えの方もいると思いますが、なかなかそうはいきません。

 

 

少し前の建築物になると、そのほとんどが付帯する水道管は、13mmという口径で施工されている場合がほとんどです。

 

 

13mmというのは、現在の住居では水量が足らず、水道管自体の破損などの原因になることから、最低でも20mmが必要とされます。

 

 

口径を変更する際は、40~100万円程かかり、メーター交換だけで済むものであれば、13mm口径との水道加入料金の差額のみの、約5万円ほどの費用となります。

【二世帯住宅】ガスメーターは2つに分けるべき?

 

【二世帯住宅】ガスメーターは2つに分ける方がお得?

オール電化の住宅も増えてきましたが、まだまだガスを使用する方も、多くいらっしゃると思います。

 

 

電気や水道と違い、ガスの利用料金はシンプルで、基本料金+使用量です。

 

 

使用量が多くなればなるほど、単価が高くなることはないので、単純にメーター1つで、基本料金が1つで済むよう契約した方がお得です。

 

 

どうしても請求を分けたい!

などの理由がない限りは、ガスに関してはメーター1つがおすすめです。

ガスメーターの工事費用は変わる?

 

 

電気や水道同様、ガスメーターを2つに分ける場合は、単純に2件分の費用が必要となります。

 

 

多くのハウスメーカーや工務店の場合、最初の一箇所は標準的な工事で、追加料金はかかりませんが、2つ目を付けるとなると、15万円ほどの費用が発生します。

まとめ

 

 

二世帯住宅を建てても、住んだ後に光熱費の支払いで揉めてしまっては、元も子もありません。

 

 

今回紹介した

・電気メーター
・水道メーター
・ガスメーター

について、2つに分けるべきか、二世帯住宅を建てる前に、しっかりと家族や住宅会社の方と相談するようにしましょう。

 

 

納得のいく形で契約を行い、素敵な生活を送りましょう!

 

 

注目のイチオシ記事
【完全無料】二世帯の間取りがサクサク完成!プロが作る間取り図作成サービス!
二世帯住宅を検討している方で、 具体的にどんな間取りになるかイメージできない! どうやって間取りプランを形にするの? などとお悩みの方は多いはずです。 実際、二世帯住宅には様々な家のタイプがあるので、タイプごとに...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マネー

↓ポチっと応援クリックお願いします(^^)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ

フォローする
二世帯住宅のトビラ
タイトルとURLをコピーしました