二世帯住宅で選ぶ!ローコストメーカー+失敗しない選び方はコレ

マネー

二世帯住宅に住みたいと思っていても、

価格が高くて手が出ない!

と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

しかし、その悩みは価格を抑えたローコストメーカーで解決できるかもしれません。

 

 

今回は、

・【二世帯住宅】ローコスト住宅の価格はどれくらい?
・【二世帯住宅】ローコストメーカーの選び方
・【二世帯住宅】おすすめローコストメーカー
・【二世帯住宅】ローコストで建てる方法
・【二世帯住宅】ローコスト住宅の口コミ

など、二世帯住宅をローコストで建てたい方向けに、気になる情報を詳しく紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【二世帯住宅】ローコスト住宅の価格

 

 

通常、一般的な二世帯住宅を建てる場合だと、土地代を入れなくても、3000~4000万円ほどの費用がかかります。

 

 

そこまで費用がかかってしまうのは、何とか避けたい!

という人のためにおすすめできるのが、ローコスト住宅です。

 

 

ローコスト住宅の二世帯住宅の場合、平均価格相場はおよそ1000~2000万円といったところです。

 

 

この価格相場を見ると、普通に二世帯住宅を建てた場合の約半分の値段で、二世帯住宅を建てることができます。

住居スタイルで価格相場は変わる?

 

 

ローコスト住宅の二世帯住宅の場合、住居スタイルによって、価格相場が変わることも忘れてはいけません。

 

 

先程説明したように、二世帯住宅のローコスト住宅の価格相場は、1000~2000万円です。これは完全同居型の価格相場となります。

 

 

一部共用型の二世帯住宅の場合、ローコスト住宅の価格相場は、1500~2500万円です。

 

 

そして完全分離型の二世帯住宅の場合、ローコスト住宅の価格相場は、2000万~3000万円です。

 

 

どの住居スタイルにするのか、事前によく考えた上で決めるのが得策です。

 

 

合わせて読みたい

相見積もりで予算内&理想の二世帯住宅が実現!満足必至の方法はコレ
二世帯住宅を検討している方で、 理想の家のイメージはできたけど、どの住宅会社が良いか分からない! とお悩みの方も多いのではないでしょうか? 予算内であなたの理想の二世帯住宅を実現するためには、複数の住宅会社に相見積もりをと...

【二世帯住宅】後悔しない!ローコストメーカーの選び方

 

 

二世帯住宅のローコストメーカーを選ぶ際には、様々なポイントがあります。

 

 

デメリットがあるとはいえ、きちんと選べば快適に生活できることは、間違いありません。

 

 

それでは、二世帯住宅のローコストメーカーの選び方について、説明します!

最適な提案をしてくれるローコストメーカーを選ぶ!

 

 

理想の家の要望をしっかりと実現する、ローコストメーカーを選ぶことが大切です。

 

 

理想の家の要望を汲み取り、できる限り要望に沿った提案をしてくれるメーカーであれば、それはあなたにとっての最良のパートナーになるでしょう。

 

 

その上で、さらに費用を安く抑えることができるなら、より良い結果になります。

 

 

合わせて読みたい

404 NOT FOUND | 二世帯住宅のトビラ

アフターサービスが充実しているかチェックする!

 

 

二世帯住宅のローコストメーカーを選ぶにあたって、アフターサービスがしっかりしているかどうかが重要になります。

 

 

家は建てて終わりではなく、住んでから様々な問題が発生する可能性があります。

 

 

にもかかわらず、二世帯住宅のローコスト住宅を建てたら終わり!というメーカーも存在するため、ローコストメーカーを選ぶ際には、アフターサービスが充実しているかどうかをチェックしましょう。

 

 

半年、1年、2年、5年、10年

とできる限り長く、定期的なメンテナンスを請け負っているか、確認することが大切です。

【二世帯住宅】おすすめローコストメーカー8選!比較表まとめ

ハウスメーカー坪単価価格特徴おすすめポイント
アキュラホーム1000万円~建築費用だけでなく、デザイン面でも人気。勾配天井を取り入れたり、今流行りのボックス型のデザイン性のある家を建てることも可能。
タマホーム2500万円~営業や工事にかかる人件費を極力抑えたり、共通部材の発注により単価を抑えています。安さだけでなく、標準仕様の内容がしっかりしていると、高く評価されています。
クレバリーホーム2000~3000万円狭小地でも、無駄なスペースをつくることなく設計し、住みやすい家を建てることができます。ローコストメーカーの中では、耐久性や防音に関しても、高い意識があるので人気。
ユニバーサルホーム約30万円外壁に、高級ハウスメーカーが採用しているパネルと同じものを採用。それでもローコストをキープ。ALC外壁材を安く取り入れることができます。
ヤマト住建2100万円気密性や断熱性が、他のローコストメーカーと比べると優れています。二世帯住宅の間取りや参考価格が、細かく掲載されているので良心的です。
積水ハウス50~85万円二世帯住宅でもほどよく共有して、住む人の人生をポジティブに楽しくすることを提案。商品ラインナップが20種類と豊富。標準製品の質の高さはトップクラスです。
ヘーベルハウス約80万円外壁にへーベル板と呼ばれるALSを使用。高い防火性能を持ちます。家を建ててから、維持するためにかかる費用を、できる限り少なくするような家づくりを提案。
ダイワハウス約40~80万円二世帯住宅に関する提案力が高いです。将来のリフォームのしやすさまで考えたプランもあります。鉄骨で二世帯住宅を建てたい方におすすめ。外張り断熱通気外壁で、鉄骨でも寒くならないように、工夫されています。

【二世帯住宅】ローコストで建てる方法は?

家族で共有できる部分を増やす!

 

 

完全同居型と完全分離型ではなぜ、こうも値段が大きく違うのかご存知でしょうか?これは、家族で共有する部分が違うことが原因だからです。

 

 

完全同居型であれば、一つの設備を二世帯で使用するので、設備が一つあれば事足ります。

 

 

しかし、完全分離型の場合は二世帯住宅であっても、住まいが完全に別々になっているので、設備も二つ分必要になるのです。

 

 

一つで済むところを別々に用意しなければならない以上、一つの設備につき、2倍の費用がかかるということになります。

 

 

光熱費や水道代などにも影響してくるので、完全分離型ならともかく、部分共有型の二世帯住宅にするなら、可能な限り共有できる設備を増やすことで、費用を抑えることができるでしょう。

シンプルな間取りにする!

 

 

二世帯住宅で費用が高くなりやすいのは、複雑な作りになっているからです。

 

 

二世帯住宅の構造や間取りが複雑だと、その分柱や壁を多く作らなければならないので、複雑な作業工程になります。

 

 

作業が複雑であるほど費用が高くなってしまうので、真四角の二世帯住宅にするなど、できる限りシンプルな二世帯住宅にすることで、費用を抑えることができます。

 

 

合わせて読みたい

【二世帯住宅】おすすめ間取り8選!失敗しないプラン&方法を伝授
こちらのページでは、二世帯住宅の間取りについて、詳しくまとめています。完全分離や別玄関などのおすすめ間取りや失敗例+解決策・間取りプランなど盛り込みました。最後に理想の間取りを「超簡単に」作る方法も伝授するのでお見逃しなく!

二世帯住宅+設備も安いメーカーに変える!

 

 

二世帯住宅はローコスト住宅にすることで、費用を大きく抑えることができますが、さらに費用を抑えたいなら、設備も安いメーカーのものにするのがおすすめです。

 

 

大手メーカーの設備だと値段が高めなので、設備が安いメーカーに切り替えることで、費用を安く抑えることができます。

 

 

安いメーカーであっても、大手メーカーに引けを取らないものもあるため、設備を吟味すれば快適に使用できるでしょう。

相見積もりをとる!

 

 

二世帯住宅をローコストで建てたいなら、一社のみに見積もりを依頼するのではなく、複数のローコストメーカーに、相見積もりをとるのがおすすめです。

 

 

たとえば、最初に依頼したメーカーの見積もり結果が3000万円だったとします。

 

 

次に別のメーカーに見積もりを依頼すると、2500万円という結果でした。また別の業者は2000万円という結果を出してきました。

 

 

このように、一社のみに見積もりを依頼するよりも、複数のメーカーに見積もりを依頼した方が、どのメーカーが安い見積もり結果を出してくるかが分かります。

 

 

相見積もりをとらないままでは、一社目の見積もり結果が安いのか高いのかが、判断しにくいです。

 

 

しかし、複数の業者に見積もりを依頼することで、業者ごとに比較することができるので、費用を抑えつつも、質の高い住宅を実現するローコストメーカーを選ぶことができるでしょう。

【二世帯住宅】ローコスト住宅の口コミ!

 

悪い口コミ

ローコスト住宅に住んでみて、現在後悔しています。設備も品質が悪く、住みにくくて困っている状態です。
ローコスト住宅はやめた方がいいですよ。実際に住んでみると、冬は寒いですし、夏は暑いので暮らしにくいです。本当に後悔しています。

良い口コミ

ローコスト住宅で大幅に費用を抑えられたので良かったです。家族も大変喜んでいますし、それで高品質の設備も揃えることができました。
当初予定した予算よりも、大幅に安く二世帯住宅を建てることができました。費用が抑えられた分だけ、他に費用を使えるので、快適な生活を送っています。
ローコスト住宅ということで、シンプルな間取りに住んでいます。複雑な間取りよりシンプルな間取りの方が良かったので、非常に暮らしやすいです。
ローコスト住宅の方が、費用を安く抑えられるということで、実際に建ててみました。耐久性は劣るかもしれませんが、それでも快適に生活できているので、問題ありません。

まとめると

 

 

二世帯住宅のローコスト住宅は、費用を安く抑えた分、様々な問題が起こりやすいかもしれません。

 

 

しかし、その費用を安く抑えられるからこそ、他に費用を回すことができます。快適に生活できないわけではありませんし、十分な選択肢の一つになるでしょう。

【二世帯住宅】ローコスト住宅のメリットは?

 

 

二世帯住宅のローコスト住宅を建てるにあたって、どんなメリットがあるのか気になる人もいるのではないでしょうか?

 

 

それでは、ローコスト住宅のメリットについて説明します!

価格が安い!

 

 

やはりローコスト住宅の最大のメリットは、一般的な二世帯住宅に比べて、価格が安いということが挙げられます。

 

 

上記でも説明したように、一般的な二世帯住宅の平均価格相場は、3000~4000万円であるのに対し、ローコスト住宅は1000~2000万円と約半分の価格です。

 

 

このことから、

建築費用をできるだけ抑えたい!

と考えている人にとって、非常に有意義な選択肢になり得るでしょう。

 

 

合わせて読みたい

【二世帯住宅】建築費用の価格相場は?住居スタイル・建て替え・リフォームで比較!
二世帯住宅を検討している方で、 建築費用ってどれくらいかかる? と気になっている方も多いと思います。 二世帯住宅の住居スタイルによっても、建築費用は変わってくるので、計画的に家づくりを進めていきたい方も要チェックで...

シンプルな作りの二世帯住宅に住める!

 

 

二世帯住宅に住むにあたって、両親の負担を考えると、

そこまで凝ったデザインの二世帯住宅には住みたくない!

と考える人もいるでしょう。

 

 

その点で言えば、ローコスト住宅はシンプルな作りの住宅だからこそ、費用を抑えられるようになっています。

 

 

真四角などシンプルな間取りや構造になっているため、より快適で住みやすい二世帯住宅を建てることができるでしょう。

 

 

合わせて読みたい
【完全無料】二世帯の間取りがサクサク完成!プロが作る間取り図作成サービス!
二世帯住宅を検討している方で、 具体的にどんな間取りになるかイメージできない! どうやって間取りプランを形にするの? などとお悩みの方は多いはずです。 実際、二世帯住宅には様々な家のタイプがあるので、タイプごとに...

【二世帯住宅】ローコスト住宅のデメリット

 

 

二世帯住宅のローコスト住宅にはメリットがありますが、デメリットもあります。

 

 

デメリットを踏まえた上で、ローコスト住宅を建てるのか、考える必要があるでしょう。

 

 

それでは、ローコスト住宅のデメリットについて説明します!

建物が規格化されている

 

 

ローコスト住宅は、基本的に建物が規格化されているので、具体的な家の要望には応えられない可能性が高いです。

 

 

つまり、二世帯が住むにあたって、自分たちが住みやすいような間取りや、構造にするといったことはできないかもしれません。

 

 

ほぼ規格化されたローコスト住宅を建てた上で、その後から自分たちが住みやすいように、変えていくしかないでしょう。

耐久性が低い可能性がある

 

 

ローコスト住宅を建てる際は、いかに費用を安く抑えるかどうかにかかっています。

 

 

つまり、家を建てる際に使われている断熱材や建材などが、大手メーカーなどが使用するようなものと比べて、品質が劣る可能性が高いです。

 

 

品質が劣るものを使用しているということは、家全体の耐久性にも大きく関わってくることなので、早々にメンテナンスなどが必要になるかもしれません。

 

 

そこはできる限り費用を抑えた末の結果、だと捉えることもできるので、どのくらい経てばメンテナンスが必要になるのか、相談することが大切です。

まとめ

 

 

二世帯住宅のローコスト住宅には、様々なメリットがありますが、デメリットもあります。

 

 

費用が抑えられた分だけ、様々な問題が発生するかもしれませんが、事前によく話し合うことで、安心してローコスト住宅に住むことができます。

 

 

注目のイチオシ記事
【完全無料】二世帯の間取りがサクサク完成!プロが作る間取り図作成サービス!
二世帯住宅を検討している方で、 具体的にどんな間取りになるかイメージできない! どうやって間取りプランを形にするの? などとお悩みの方は多いはずです。 実際、二世帯住宅には様々な家のタイプがあるので、タイプごとに...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
マネー

↓ポチっと応援クリックお願いします(^^)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ

フォローする
二世帯住宅のトビラ
タイトルとURLをコピーしました