二世帯住宅に住むなら沖縄!?メリットや価格相場は?@ローコスト住宅はコレ

地域別

日本の南に位置する沖縄県で、二世帯住宅に住みたいと思う方は多くいるのではないでしょうか?

 

 

暖かい気候ならではのメリットがあるので、二世帯住宅に住む価値は十分にあります、

 

 

今回は、

・【沖縄】二世帯住宅に住むメリット
・【沖縄】二世帯住宅の価格
・【沖縄】ローコスト住宅会社を選ぶポイント
・【沖縄】二世帯のおすすめローコスト住宅会社
・【沖縄】二世帯住宅の事例

など、沖縄の二世帯住宅に関する、気になる情報を詳しくまとめました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【沖縄】二世帯住宅に住む!メリットは?

 

 

沖縄で二世帯住宅に住むメリットは多くあります。

 

 

他の都道府県にはない様々なメリットがあるので、沖縄で二世帯住宅に住む計画を立ててみてはいかがでしょうか。

 

 

それでは、沖縄で二世帯住宅に住むメリットについて説明します!

一年中温暖なので、二世帯で過ごしやすい!

 

 

沖縄は他の都道府県に比べて気候が暖かいので、二世帯揃って穏やかに過ごしやすいメリットがあります。

 

 

冬場でもそれほど寒くない気候が続くため、寒いのが苦手な方などにもおすすめできるでしょう。

太陽光エネルギーをたっぷり活用できる!

 

 

沖縄は他の都道府県に比べて日射量が高いため、太陽光発電システムを導入することによって、そのエネルギーを如何なく発揮することができます。

 

 

元々二世帯住宅は二世帯が一緒に住むことによって節約ができるメリットがあるので、太陽光エネルギーが利用できれば、さらに光熱費を抑えることができるでしょう。

 

 

合わせて読みたい

【沖縄】二世帯住宅に住む!価格はどれくらい??

 

 

もし沖縄で二世帯住宅に住む場合、気になるのは価格の相場ですよね。坪単価や建築費用がどのくらいかかるのかによって、予算を用意しなければなりません。

 

 

沖縄は土地を初めとする様々な関係上、比較的坪単価が安い傾向にあります。一般的な坪単価の平均相場は、40万円から60万円となっています。この場合、建築費用の相場は1600万円から2400万円となります。

 

 

都市部などと比較すると少し安めに設定されており、お得に二世帯住宅に住むことができるかもしれません。ただし、沖縄は土地が狭く、十分な広さの土地を確保するのに苦労する可能性もあります。

 

 

沖縄で二世帯住宅に住むのであれば、先に十分な広さの土地を探すことから始めるのがおすすめです。

【沖縄】二世帯住宅に住む!ローコスト住宅会社を選ぶポイント

 

 

沖縄で二世帯住宅をなるべく安く建てたいなら、ローコスト住宅会社を選ぶのがおすすめです。

 

 

しかし、一口にローコスト住宅会社といっても、どの住宅会社に頼めばいいのか分からない人もいるでしょう。ピンからキリまで多くの住宅会社がある以上、住宅会社を選ぶポイントを知る必要性があります。

 

 

それでは、沖縄のローコスト住宅会社を選ぶポイントについて説明します!

ローコスト住宅の価格帯を知る!

 

 

ローコスト住宅会社を探す場合、いったいどこからがローコスト住宅になるのかを知る必要性があります。

 

 

一般的にローコストと呼ばれる坪単価は60万円からとなりますが、中には30万円から45万円の坪単価を提示している会社もあるでしょう。

 

 

したがって、30万円から60万円程度がローコスト住宅会社の基本的な目安となります。

営業マンが信頼できるか見極める!

 

 

ローコスト住宅会社を選ぶにあたり、営業マンの良し悪しは非常に重要です、なぜなら、営業マンによって

・プラン
・見積もりの内容
・提示される価格

など様々な違いが出てくるからです。

 

 

こちらが疑問に思っていることについて詳しく説明してくれる人や、こうすればもっと安くなるといった様々なアドバイスをしてくれるなど、信頼できるポイントは多くあります。

 

 

間違っても、こちらが不安に思っていることや質問したことなどに対して、納得のいく説明をすることなく「大丈夫」の一言で済ませるような営業マンとは契約しないようにしましょう。

 

 

後から問題が起こるようでは意味がありませんし、二世帯住宅に住んで後悔することだけは何としても避けたいところです。少なくとも、自分が納得できるまで質問攻めにしても、嫌な顔をすることなく快く答えてくれる営業マンが望ましいでしょう。

口コミや評判をチェックする!

 

 

ローコスト住宅会社を選ぶ時、口コミや評判の良さは一つの基準になります。

 

 

その住宅会社を利用した生の声が分かるので、

・その住宅会社がどんな対応をしたのか
・問題が起きたとしてもすぐに対応してくれたのか

など、様々なポイントがあるでしょう。

 

 

実際の体験談を聞くことにより、自分が二世帯住宅に住む際の目安になりますね。

アフターサービスが充実しているか知る!

 

 

ローコストで二世帯住宅に住む場合、住宅に住んだ後のアフターサービスが充実しているかどうかも重要です。

 

 

二世帯住宅を建てるまでは何も問題がなかったとしても、実際に住んだ時に問題が見つかる可能性があります。

 

 

住み始めたばかりの頃は何も起こらなくても、住み始めてから1年、2年と年月が経つにつれて何かしらの問題が起こるかもしれません。住宅会社の中には建築したらそれっきりのところもあります。

 

 

定期的なメンテナンスを10年単位で保証してくれる住宅会社であれば、なお心強いでしょう。

【沖縄】二世帯住宅に住む!おすすめローコスト住宅会社5選

 

 

沖縄で二世帯住宅に住む場合に、おすすめのローコスト住宅会社を5つ紹介します!

 

 

沖縄で二世帯住宅に住む際に様々なポイントを押さえ、快適に暮らせて安い住宅に住むためにもおすすめのローコスト住宅会社を選ぶことが大切です。

タマホーム 沖縄支店

 

出典:LIFULL HOME´S

 

有名なハウスメーカーであるタマホームは沖縄にも支店を出しており、その手腕を如何なく発揮しています。

 

家づくりを行うことで、街づくりができるという社会貢献ができるように、日々様々な挑戦を行っています。

 

価格は坪単価30万円から80万円です。

おすすめポイント

 

 

10年間のアフターサービスが充実していること、そしてローコスト住宅とは言えないほどの高機能が標準化されていることです。

 

3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、5年、10年で定期的なメンテナンスを行ってくれるので、何か問題があった時にすぐに対応してくれるでしょう。

 

 

それでいて高気密、高断熱、耐震、免震、耐震構造、省エネ住宅、オール電化住宅とローコストであるにもかかわらず、様々な機能が標準化されているのが大きなメリットです。

口コミ

沖縄で二世帯住宅に住みたいと思い、タマホームにお願いしました。アフターサービスもしっかりしていて、それでいて価格も安かったので本当に助かりました。

 

ローコストで二世帯住宅を建てたいと思っていた時、タマホームを見つけました。驚きの価格設定で少しびっくりしましたが、安さの割に便利な機能がいっぱいだったので、頼んで良かったです。

沖拓建設 住販部

 

出典:LIFULL HOME´S

 

沖拓建設は沖縄で住宅を作り続けて23年の歴史を持ち、3000棟以上の実績を誇っている会社です。

 

 

この会社から販売されている物件は全て自社物件なので、土地を初めとする全ての工程を安心して任せられるでしょう。

 

 

価格は坪単価60万円から78万円です。

おすすめポイント

 

 

二世帯住宅を初めとする様々な住宅の建設に対応しており、

・モデルハウスも見学できること
・安心の10年アフターサービスがあること

などがおすすめポイントです。

 

 

二世帯住宅はもちろん、内装にこだわったデザイン住宅や生活導線を重視した住宅など、多くの住宅に対応できるでしょう。

 

 

鉄筋コンクリート造なので基本的に丈夫であり、会社自身も『JIOわが家の保険』に加入しているので、万が一のことが起きても安心できます。

口コミ

住宅会社の方が、親しみやすいばかりだったので、本当に安心しました。とても丁寧に対応してくださったので、満足できる家に住むことができたと感じております。

 

アフターサービスもしっかりしているようですし、何より安かったのでこちらに二世帯住宅の建設をお願いしました。

アイダ設計 沖縄名護店

 

出典:LIFULL HOME´S

 

アイダ設計は分譲住宅事業と注文住宅事業の二柱で成り立っている会社であり、年間2700棟もの施工実績もあります。

 

 

アイダ設計がローコスト住宅を行えているのは、外部業者に丸ごと発注しているのではなく自社で分離発注を行っているからです。

 

 

価格は23万円から63万円です。

おすすめポイント

 

 

分離発注を行っているので、高機能住宅にもかかわらず、安定した高品質と低コストを実現させており、なおかつ最上級グレードの建物と安心の35年保証があることです。

 

 

低コストを実現させた最上級グレード、高品質のローコスト住宅は、様々な高機能が標準化されていると言えます。

口コミ

ここまで安いのに様々な機能がついているので、本当にありがたいと思いました。値段も安く、経済的にも嬉しいです。
こんなに安いなら何かあるのでは?と思いましたが、そんなことはありませんでした。実際に住んでみて、あの値段でここまで快適に暮らせるのは、ラッキーとしか言いようがありません。

宮里住宅社

 

出典:公式サイト

 

創業27年の宮里住宅社は、ローコスト住宅を初めとした様々な住宅に対応しており、ZEH住宅をメインに建設しています。

おすすめポイント

 

 

地域に根差した工務店であり、一級建築士の資格を持つ人が在籍していることです。

口コミ

小さな工務店なので、問題なく二世帯住宅を建ててくれるか不安でしたが、こちらの相談にも難なく答えてくれたので安心しました。

 

プロの資格を持つ人が在籍しているということもあり、納得できる家を建ててくれました。

BE ALL

 

出典:LIFULL HOME´S

 

この会社は創業してから間もない会社ですが、既に様々な実績を出しており、ローコスト住宅を初めとする様々な住宅にも対応しています。

 

 

保証も長期間続くものがほとんどで、住宅を建てた後に何かあったとしても安心して任せられます。

 

価格は26万円から56万円です。

おすすめポイント

 

 

なんといっても様々な保証が長期で続くことでしょう。

 

 

長期保証30年、シロアリによる被害保証が30年、設備機器の保証が10年、引越しした後の外壁の塗り替えを10年目で行ってくれるなど、様々な保証が目白押しです。

 

 

他にも24時間1年中いつでも、コールセンターによる問い合わせを行うことができるのも、大きなポイントだと言えるでしょう。

口コミ

新しい会社ということで、試しに住宅の建設を依頼しに行きました。するととても丁寧に対応してくださり、最終的にこちらの会社で建設しました。

 

様々な保証があるので、安心して頼めました。こちらの会社に建ててもらった住宅に住み続けていますが、未だに何も起こらず、確かな腕だと思います。

【沖縄】二世帯住宅の事例を紹介!

 

 

沖縄に建てた二世帯住宅の事例を3つ見つけて、見出しで分けて書いて下さい。

 

【沖縄】二・三階のぽっこり張り出した外観が特徴の二世帯住宅

 

 

 

 

出典:SuMiKa

 

親世帯が一階・二、三階を子世帯で分けた沖縄の二世帯住宅。

 

 

二・三階がぽっこりと張り出されている外観が特徴です。

 

 

土地が限られているので、一階をコンパクトにまとめて、駐車場を確保しました。

 

 

二・三階は将来フレキシブルに利用できるように、可動間仕切りを多用しているのがポイントです。

【沖縄】吹き抜けのあるリビングが魅力の二世帯住宅

 

 

 

出典:SuMiKa

 

全体的にモノトーンでシンプルにまとめられた、沖縄の二世帯住宅。

 

 

吹き抜けのあるリビング空間があるので、開放感も抜群です。

 

 

黒色の梁や、ライトの照明も間取りのアクセントになり印象的です。

【沖縄】子供も楽しめる♪完全分離型の二世帯住宅

 

 

 

出典:佐平建設

 

ボルダリング専用の壁がついた、子供も楽しめる沖縄の二世帯住宅。

 

 

利便性を考えて、新たに玄関一からリフォームしました。

 

 

世帯間のつながりはそのまま、空間を最大限に活用しました。

新築以外の沖縄の二世帯住宅の価格はどれくらい?

 

 

 

新築以外で沖縄の二世帯住宅を購入する場合、どのくらいの価格相場なのか気になりますよね。

 

 

 

二世帯住宅に住むなら、新築以外の選択肢もあります。それでは、新築以外の沖縄の二世帯住宅の価格相場について説明します!

中古物件

 

 

中古物件の二世帯住宅の価格の相場は、約1500万円から3000万円です。

 

 

ただし、建物の状態によってはリフォームなどの必要性が出てくるので、予算を多めに見積もっておいた方が良いでしょう。

リフォーム

 

 

完全分離型にする場合だと、価格の相場は約1000万円からとなります。この場合、元々あった2階の部分をリフォームする場合などで起こり得る工事であり、完全分離型にするにあたって必要な設備を併用したり、あるいは別々に設置することも考えられます。

 

 

もちろん別々に設備を設置しようとすると、その分費用がかかるので注意が必要です。

 

 

また、両親が住んでいる離れを住宅とする場合でも、自宅内で完全分離型にするリフォームとそこまで大きな違いはありません。

 

 

価格の相場は、大体1100万円です。

賃貸

 

 

賃貸物件を探す場合、二世帯で暮らすためには最低でも3LDK、もしくは4LDKほどの広さが必要です。

 

 

十分な広さがなければ、二世帯で快適に暮らすことはできませんし、何より狭すぎてしまいます。

 

 

賃貸物件の家賃の相場は、約7万5000円から20万円です。

まとめ

 

 

沖縄で二世帯住宅に住むためには、まず第一に土地を探すことから始めるのがおすすめです。

 

 

都心などと比べて比較的安い傾向にあるとはいえ、土地の問題が浮上してきます。

 

 

快適に暮らすためにも、ローコスト住宅会社を吟味してはいかがでしょうか。

 

 

注目のイチオシ記事
【完全無料】二世帯の間取りがサクサク完成!プロが作る間取り図作成サービス!
二世帯住宅を検討している方で、 具体的にどんな間取りになるかイメージできない! どうやって間取りプランを形にするの? などとお悩みの方は多いはずです。 実際、二世帯住宅には様々な家のタイプがあるので、タイプごとに...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
地域別

↓ポチっと応援クリックお願いします(^^)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ

フォローする
二世帯住宅のトビラ
タイトルとURLをコピーしました