二世帯住宅にセカンドリビングは必須!?間取り・置く場所・理想の広さは○○

間取り

二世帯住宅を検討している方で、

セカンドリビングは必要?

と思っている方も、いらっしゃると思います。

 

 

セカンドリビングがあることによって、得られるメリットは多く、様々な目的で活用できるでしょう。

 

 

しかし、デメリットもあるので注意が必要です。

 

 

今回は、

・セカンドリビングって何?
・【二世帯住宅】セカンドリビングのある間取り
・【二世帯住宅】セカンドリビングはどこに置くのがBEST?
・【二世帯住宅】セカンドリビングの理想の広さ
・【二世帯住宅】セカンドリビングはリフォームで設置可能?

など、二世帯住宅のセカンドリビングに関する、気になる情報を詳しく紹介します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

セカンドリビングって何?

 

セカンドリビングとは

セカンドリビングとは、メインとなるリビングとは別に、設置された小さなリビングのことで、様々な目的で使用されることが多いです。

どんな人がおすすめ?

 

 

セカンドリビングには、メインのリビングにはない多様性があることから、様々な人におすすめできます。

 

 

それでは、どんな人がおすすめなのか説明します!

家族だけの空間がほしい人!

 

 

二世帯住宅に住んでいると、相手の世帯に気を使って、やりたいことがやりにくくなることがあります。

 

 

しかし、セカンドリビングを設置することで、

・親世帯はメインのリビング
・子世帯はセカンドリビング

といったように、それぞれ別々の場所で、有意義な時間を過ごすことができます。

趣味を楽しみたい人!

 

 

メインリビングで楽しめる趣味を持っている人は、夫婦間だけでなく、相手の世帯がメインのリビングを使いたい時があると、趣味を中断しなければならないケースがあります。

 

 

せっかくの趣味を中断されるのは、なんだかモヤモヤしますよね。

 

 

しかし、セカンドリビングがあれば、メインのリビングが使われていても、自分の趣味を楽しむことができます。

 

 

相手の世帯に気兼ねすることなく、趣味が楽しめるのは、大きなメリットだと言えるでしょう。

ペット専用の部屋として使いたい人!

 

 

親世帯が使うのに、メインのリビングで、ペットと遊ぶことができないこともあるでしょう。

 

 

しかし、セカンドリビングがあれば、ペットと過ごすための専用の部屋にすることができます。

 

 

ペットと有意義に過ごせるように、様々な工夫を凝らすこともできますし、思う存分触れ合うことができるでしょう。

【二世帯住宅】セカンドリビングのあるおすすめ間取り

【二世帯住宅】自由度が高いセカンドリビングがある間取り

 

 

出典:FPの家

 

完全同居型のセカンドリビングがある、二世帯住宅の間取り。

 

 

2階に設けたセカンドリビングは、自由度が高い共有スペースです。

 

 

日々の暮らしで、生活サイクルの違いを気にしなくても良いのが、嬉しいポイント。

 

 

合わせて読みたい
【完全無料】二世帯の間取りがサクサク完成!プロが作る間取り図作成サービス!
二世帯住宅を検討している方で、 具体的にどんな間取りになるかイメージできない! どうやって間取りプランを形にするの? などとお悩みの方は多いはずです。 実際、二世帯住宅には様々な家のタイプがあるので、タイプごとに...

【二世帯住宅】セカンドリビングはどこに置くのがBEST?

 

 

セカンドリビングはどこに設置すればいいのか悩む人もいるかと思いますが、結論から言えば、室内でも屋外でも、住まいの形に合わせて、自由に設置して構いません。

 

 

セカンドリビングは、自由にレイアウトやデザインを決めることができるので、設置する場所によって姿形が変えられます。

 

 

一般的には、一階にメインのリビングを設置して、二階にセカンドリビングを設置するケースが多いようです。

 

 

確かにこれなら、一階のメインリビングは親世帯が使用して、二階で子世帯がセカンドリビングを使用する形になります。

 

 

しかし、そうはいっても、住まいの形は世帯で大きく違うので、この形にこだわらなくても良いのです。

 

 

ただし、あまりにも近すぎる距離に設置するのは、やめた方が良いでしょう。

 

 

セカンドリビングの特徴は、ちょうど良い距離感を保ちながら、お互いのプライベート空間を作れることになるので、距離が近すぎては、相手の世帯のことが気になって、プライベート空間ではなくなってしまう恐れがあります。

 

 

したがって、セカンドリビングを設置するのにベストな場所は、一つ部屋を挟んだ場所ということになるでしょう。

 

 

相手の世帯と近すぎず、離れすぎない場所がちょうど良いので、工夫して設置してみてくださいね。

 

 

合わせて読みたい

【二世帯住宅】おすすめ間取り8選!失敗しないプラン&方法を伝授
こちらのページでは、二世帯住宅の間取りについて、詳しくまとめています。完全分離や別玄関などのおすすめ間取りや失敗例+解決策・間取りプランなど盛り込みました。最後に理想の間取りを「超簡単に」作る方法も伝授するのでお見逃しなく!

【二世帯住宅】セカンドリビングの理想の広さは○○!

 

 

二世帯住宅に設置する、セカンドリビングの理想の広さも気になりますよね。

 

 

セカンドリビングは、基本的にメインのリビングよりも小さい面積となりますが、あまり狭すぎても、逆に過ごしにくくなってしまいます。

 

 

ここは住宅の広さに応じて、どのくらいの広さのセカンドリビングを設置できるか、相談する必要があります。

 

 

二世帯住宅であれば、かなりの広さになるので、80畳ほどであれば、15~20畳ほどがベストな広さだと言えるでしょう。

 

 

住宅全体の面積が広いのであれば、セカンドリビングをさらに広くしても構いませんし、そこは住宅会社の担当者と、相談して決めることが大切です。

【二世帯住宅】セカンドリビングはリフォームで設置可能?

 

 

もし、二世帯住宅に住んでいて、後から

セカンドリビングを設置したい!

と思った時、リフォームで設置できるのか気になりますよね。

 

 

結論から言えば、後からでも、セカンドリビングをリフォームで設置することができます。

 

 

ただし、新たに増築するのであれば、それなりのスペースがなければ、リフォームすることはできません。

 

 

どのくらいのスペースが確保できるのか、どのくらいの広さのセカンドリビングを設置することができるのかなど、気を付けておきたい注意点は多くあります。

 

 

無事にリフォームができれば、セカンドリビングを設置するのは簡単なので、

後からセカンドリビングを設置したい!

と思ったら、住宅会社の担当者に相談してみましょう。

 

 

合わせて読みたい

二世帯住宅へリフォーム!その前に、【必読】おすすめ間取り&注意点を公開
あなたは「二世帯住宅にするためのリフォーム」を考えたことはありますか? リフォームをするなら、間取りもしっかりと考えなければなりませんし、様々なことに注意しなければなりません。 今回は、 ・【二...

【二世帯住宅】セカンドリビングのリフォーム費用はどれくらい?

 

 

セカンドリビングを設置するための費用は、どんなリフォームをするのかによって、変わります。

 

 

セカンドリビングを設置する際のポイントは、新たに増設するのではなく、既存の部屋をセカンドリビングに変える方法です。

 

 

ここで気を付けておきたいのは、どんなセカンドリビングを作るのかです。

 

 

新たにセカンドリビングを設置する場合は、広さにもよりますが、およそ200~500万円程の相場になります。

 

 

合わせて読みたい

二世帯住宅リフォームの費用相場は?規模&住居スタイル別で徹底比較!
二世帯住宅をリフォームする場合、どんなリフォームを行うのかによって費用の相場が大きく違ってきます。 相場が分かれば、それに向けた費用を用意しやすくなりますね。 今回は、 二世帯住宅のリフォーム費...

【二世帯住宅】セカンドリビングの口コミ!

 

悪い口コミ

二世帯住宅にセカンドリビングを設置しましたが、案の定すぐに使わなくなってしまいました。リフォーム費用がかかっただけで、すごくもったいないです。
良かれと思って、二世帯住宅にセカンドリビングを設置してみましたが、使わないことが多く、ただの物置部屋となってしまいました。

良い口コミ

二世帯住宅にセカンドリビングを設置したことで、簡単に自分のプライベートな時間を確保することができています。
セカンドリビングは本当に良いですよ!今は子どもの遊び部屋として重宝しているので、楽しく生活できています。
ペットと遊ぶ専用の部屋として、二世帯住宅にセカンドリビングを設置しました。実際に遊んでみてすごく快適ですし、ペットも四六時中遊べて大喜びです。
セカンドリビングを、もう一つの私室のように使っています。自分の使いやすいように、レイアウトやデザインを決めたので、毎日が楽しいです。

まとめると

 

 

セカンドリビングを設置しても、使わなければただの物置部屋になってしまうように、使う目的を考えずに設置することは、やめた方が良いようです。

 

 

目的があって、セカンドリビングを設置すれば、有意義な時間を過ごせる部屋として、重宝するでしょう。

 

 

セカンドリビングがあれば、相手の世帯に気兼ねすることなく、趣味を楽しむことができますし、家族で過ごすのに、ピッタリの部屋になるのではないでしょうか?

【二世帯住宅】セカンドリビングのメリットは?

 

趣味やライフスタイルによって、使い分けることができる!

セカンドリビングのメリットは、なんといっても、趣味やライフスタイルによって、使い分けられることでしょう。

 

 

家族で食事などをする場合は、メインのリビングでできるので、メインのリビングでは難しい趣味などは、セカンドリビングで自由に楽しむことができるでしょう。

自由にレイアウトやデザインを決めることができる!

 

 

セカンドリビングのメリットは、メインのリビングと違って、好きなようにレイアウトやデザインを決められることです。

 

 

セカンドリビングをどんな目的で使うのかによって、自由なレイアウトやデザインにできるので、より有意義な時間を過ごせる空間になるでしょう。

【二世帯住宅】セカンドリビングのデメリットは?

 

使わない部屋になる可能性がある

一番のデメリットとして挙げられるのが、どんな目的で設置するのか先に決めておかないと、全く使わない部屋になってしまうことです。

 

 

単に便利だからといって設置しても、メインのリビングだけで十分だと感じてしまうと、せっかく設置したセカンドリビングが、ただの物置部屋になってしまいます。

 

 

使わない部屋にならないようにするためにも、まずはセカンドリビングを設置する前に、どんな目的で設置するのかを明確にする必要があります。

 

 

目的に応じて、自由にレイアウトやデザインを決めれば、デメリットはなくなる、と言って良いでしょう。

設置費用がかかる

 

 

新たにセカンドリビングを設置する場合、数百万円以上の費用がかかってしまいます。

 

 

そんな高い費用を出してまで、必要な部屋なの?

と疑問に思う人もいるかもしれません。

 

 

どうしても設置したい人は、新たにセカンドリビングを設置するより、既存の部屋をセカンドリビングとして使った方が、設置費用が不要になるのでおすすめです。

 

 

合わせて読みたい

相見積もりで予算内&理想の二世帯住宅が実現!満足必至の方法はコレ
二世帯住宅を検討している方で、 理想の家のイメージはできたけど、どの住宅会社が良いか分からない! とお悩みの方も多いのではないでしょうか? 予算内であなたの理想の二世帯住宅を実現するためには、複数の住宅会社に相見積もりをと...

まとめ

 

 

セカンドリビングは、リラックスできるスペースで、様々なメリットがあります。

 

 

もちろん何の目的もなしに設置してしまうと、後悔することになりかねませんが、目的があって設置したのであれば、二世帯住宅に住んでいても、プライベートな時間を確保できるでしょう。

 

 

注目のイチオシ記事
【完全無料】二世帯の間取りがサクサク完成!プロが作る間取り図作成サービス!
二世帯住宅を検討している方で、 具体的にどんな間取りになるかイメージできない! どうやって間取りプランを形にするの? などとお悩みの方は多いはずです。 実際、二世帯住宅には様々な家のタイプがあるので、タイプごとに...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
間取り

↓ポチっと応援クリックお願いします(^^)

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へ

フォローする
二世帯住宅のトビラ
タイトルとURLをコピーしました